FC2ブログ

「地に足を付ける」

「地に足を付ける」という言葉があります。
生徒さんとのお稽古の様子を見ていると、自信がない時、不安な時、間違えた時などは足がだんだん浮いてきます。

すると重心がブレ、呼吸も浅くなり、余計な力が入って、音
弱々しくなったり、荒々しくなったり、ツボがずれたり、リズムが崩れたり、演奏が全体的にうわずったようになります。

その時の気持ちが身体と音に現れます。

そんな時は、深呼吸をして足をしっかり床につけてもらいます。
場合によっては、全くお稽古に関係のない笑い話をしたりします。

すると、同じ曲でも音が落ち着いて来たり、急に音が明るくなったり、リズムが安定することがよくあります。

生徒さんの表情も変わってきます。

三味線は手を動かして弾きますが、足も大切です。

「地に足を付ける」言葉通りですが、大切な一言です。
スポンサーサイト



by あかい紅葉  at 11:44 |  気になるひとこと |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by  2016/08/16 17:36   [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

あかい紅葉

Author:あかい紅葉
30年の三味線や唄の経験を通じ、多くの生徒さんを指導する中でいろんな気づきがありました。その内容を少しでも共有できればと考えています。
また、地域のイベントの出演情報なども更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@
FC2カウンター
月別アーカイブ