FC2ブログ

ランチタイムコンサート

少し先になりますが、9月17日(土)にランチタイムコンサートを開催することになりました。
会場は安城で人気のカジュアルフレンチレストラン「まつらら」さんです。
12月にもプライベートコンサートをさせていただき、三味線の音色に鳥肌が立った!と言ってもらえました。どこか共感してもらえるところがあったのかなと嬉しく思います。
またコンサートができることになって、とても嬉しいです(^^)
気軽に三味線を聞いてもらえるいい機会になると思います。
是非、来てください(^^)

 9月17日(土)ランチタイムコンサート
 場所:まつららさん 安城市今池町
 時間:11時30分 〜 
 料金:3,000円 ランチ付き

 ご予約はinfo@shamisen.ne.jp もしくは まつららさんへお電話(0566-97-8049)ください。
スポンサーサイト



by あかい紅葉  at 14:42 |  演奏・イベント |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

7月24日の合同練習&ワーク

日曜日に「本当の盆踊り」というテーマでワークをしました。
身体を感じる、音を感じる、地に足をつける、大地を踏みならす、一体感を感じるなど、いろいろな要素があったわけですが、ひとりひとりが自分の変化を体験することができたようです。
中でも興味深かったのは、1人が三味線を弾くのに他のメンバーが身体を支えてあげたところ、今までその人からは聞いた事のない力強い音が出た事です。その音は力強いといっても鋭い音ではなく、芯の強い音という印象でした。
本人が一番驚いていましたが、その場にいた全員が驚いてしまいました。その変化を共有できたことも大切な体験になりました。
三味線は本当に面白いと改めて実感するワークでした。
by あかい紅葉  at 09:36 |  先生のひとりごと |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

「地に足を付ける」

「地に足を付ける」という言葉があります。
生徒さんとのお稽古の様子を見ていると、自信がない時、不安な時、間違えた時などは足がだんだん浮いてきます。

すると重心がブレ、呼吸も浅くなり、余計な力が入って、音
弱々しくなったり、荒々しくなったり、ツボがずれたり、リズムが崩れたり、演奏が全体的にうわずったようになります。

その時の気持ちが身体と音に現れます。

そんな時は、深呼吸をして足をしっかり床につけてもらいます。
場合によっては、全くお稽古に関係のない笑い話をしたりします。

すると、同じ曲でも音が落ち着いて来たり、急に音が明るくなったり、リズムが安定することがよくあります。

生徒さんの表情も変わってきます。

三味線は手を動かして弾きますが、足も大切です。

「地に足を付ける」言葉通りですが、大切な一言です。
by あかい紅葉  at 11:44 |  気になるひとこと |  comment (1)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

あかい紅葉

Author:あかい紅葉
30年の三味線や唄の経験を通じ、多くの生徒さんを指導する中でいろんな気づきがありました。その内容を少しでも共有できればと考えています。
また、地域のイベントの出演情報なども更新していきます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@
FC2カウンター
月別アーカイブ